トップページ
営業品目
販促ツール
会社案内ツール
会社実用ツール
製品業・製造業向けツール
飲食業向けツール
個人事業者向けツール
オーダーまでの流れ
入稿方法
FAQ
トップページ >> カラー ユニバーサル デザイン
 
カラー ユニバーサル デザイン
 
なぜ、いま、「カラー ユニバーサル デザイン」なのでしょう?
まずは、番号の付いた色をそれぞれ比較してみてください。
 
色のユニバーサルデザインとは?
ユニバーサルデザインとは年齢や身体能力に関わりなく、すべての人々に適合するデザインで、バリアフリーデザインと同様に大切な考え方です。今、私たちのまわりでも住まいはもちろん、家電製品、日用品、ファッションまで幅広く広がっています。
その中でも私たちが提案しているのが色のユニバーサルデザイン。色の識別に不自由な人にも、加齢による低下が進んだ人たちにも見やすく、分かりやすい表示を心がけています。
 
色覚異常とは?
色覚異常とは、左のオリジナルにあるような数字の「8」がシミュレーションの中では見えにくくなってしまう人です。
このような異常をもつ人が男性で20人にひとり、女性で500人にひとりの割合であなたのそばにいます。日本全体でみると320万人(身体障害者は350万人)です。色覚異常以外にも加齢による色覚機能の低下、また高齢者に多い白内障でも色覚機能の低下があります。
これからは印刷物やワープロ文書、ホームページで安易に色をつけず、色覚異常の方にも分かりやすい制作を心がける必要があります。
 
色覚異常ではどう見える?
色覚異常者の多くは「赤と緑」の識別が苦手です。右の写真は小学生が使う「算数セットの色板とおはじき」です。ここで、「赤色を集めてみましょう」となった場合、色覚異常がある方はオリジナルにあるものがシミュレーションのように見えます。つまり、赤色を区別できないことが分かります。
これでよいのでしょうか?
 
不自由な場面[1]
左はトイレの案内表示板です。色覚異常の識別困難なパターンのひとつに「水色とピンクの識別」があります。オリジナルにあるような色分けであれば、識別はデザインでしかできません。しかし、近視や乱視が加わるとどうでしょう?区別できない可能性があります。
 
不自由な場面[2]
カレンダーはどうでしょう?一般に休日・祝日は赤色で表示されています。土日などはそれなりに分かりますが、週中の祝日などは分かりづらいはずです。ご存知でしたか?色だけの区別に頼らず、フォントの変化やその他の工夫が必要だということがよく分かる例です。
 
Copyright 2006 Nichia-Shoukai Co., Ltd. All rights reserved.     | 会社概要  | 個人情報保護方針  | ご利用にあたって |